強いイビキ、夜中に何度もトイレに起きる、起床時の頭痛、日中の眠気や疲れなど、あればご相談下さい。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome; SAS)とは

睡眠中に無呼吸や低呼吸を繰り返し、熟睡できずに日中に過度の眠気や、様々な合併症、夜間突然死などの関連が指摘されています。健康と思われる成人の中にも睡眠時無呼吸症候群の患者さんは数多く存在しており、人口の2〜3%の割合と推定されています。

ご自宅で簡単に検査ができるようになりました

これまでは入院して大掛かりな検査機器を用いないと診断ができませんでした。

当院では携帯型の検査機器を導入しており、ご自宅で一晩だけ、寝る前に装着頂くだけでとても簡単に検査ができます。

診断結果を踏まえて医師が診断を行い、CPAP(シーパップ)療法など最適な治療方針をご提案します。

*検査は予約が必要ですので、事前にお問い合わせ下さい。

*当院では平日夜間・日曜に診療を行っているため、診断後の通院も便利です。

PAGE TOP